iPhone6~8までを比較

iPhone6とは

iPhone6は2014年に登場したモデルとなっています。今では古いモデルなのですが、当時は最新モデルとしてとても注目されていました。発売日を今か遅しと待っていた方がたくさんいるのです。

iPhone6になって大きく変化した点というのはディスプレイと本体サイズです。iPhone6は4.7型であり、Plusになると5.5型となっています。これはそれ以降のiPhoneでも同様のサイズとなっています。iPhone6から大型化が進んだといえるでしょう。重量についてはiPhone6は129gであり、Plusの方は172gとなっています。

ボディ形状は丸くて持ちやすくなっているのが特徴です。ディスプレイについては高コントラストが実現しており見やすくなっています。プロセッサが進化したことによって、バッテリー持ちが良くなっています。カメラはメインが800万画素となっており、インカメラは120万画素となっています。最大で43メガピクセルのパノラマ写真を撮影することができます。カラーについてはシルバーやゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドといった色があります。

高速通信が可能であり、下りは最大で150Mbpsとなっています。基本的な点としては7や8と比較してそれほど劣っているわけではありません。そのため、十分実用的に使うことができるでしょう。今でも使っている方はたくさんいます。


▼ 関連外部サイトはこちらより ▼
iPhoneは様々なモデルが販売されているため、iPhoneを修理する際の料金も異なってきます。具体的な修理料金やメニューに関しては、こちらのサイトもご参考ください → iPhone修理 料金